アシアル情報教育研究所・所長の岡本雄樹です。

先日、バレンタインToDoアプリを教材として公開しました。
バレンタイン仕様にすることで、特定の目的に特化したエッジの立ったアプリの制作例をしめしています。

しかし、本命なのか、義理なのか、友達用なのか分からないため、お返しの準備をするときに不便です。

そこで、よりパワーアップしたDXバレンタインToDoアプリを提供することにしました。

なお、、お返しを返したかどうかというのは「Flag(フラグ)」で管理していましたが、[義理,本命,友達]などはカテゴリとして扱う必要があるため、学習の際にはその辺りに注目してご活用下さい。

サンプルアプリのプロジェクト

DXバレンタインToDo

ダイレクトプレビュー機能で動作を確認する

ダイレクトプレビュー機能で動作を確認する

ソースコード解説

準備中